2010年07月01日

「手の記憶@KURA」はじまりました。

IMG_4549.jpg
1007yukuraDM2kanban.jpg

「手の記憶@KURA」がはじまりました。
遠くからのお客様と近くのお客様でした。
雨の中をありがとうございました。
「素敵な作品ばかり、もったいないわね。多くの人に見てもらわなければね。」と言われました。
そうですよね。
皆さん、素敵ですよ!ぜひ、観に来てくださいね。 すばらしい作品がありますよ。

IMG_4544.jpg

IMG_4543.jpg

 素敵な作品です。おいでくださいね。


IMG_4526a.jpg

大島 正幸さん

今日はゆっくりできたので、
作品の材料についていろいろとお話が聴けました。
さすが、プロですね。お詳しいです。
材料に出会うのも縁だそうです。
____________________
大島さんのメッセ−ジ

木を削って日常使いの道具を作っています。
森の木が道具として生まれ変わり長く暮らしに寄り添わせてもらえるように、当たり前のことをきちんと続けたいとおもいます。
誠実に作ったものは、誠実なモノになると信じています。
誠実な佇まいを持つモノを、出会いを大切にして作りたいと思っています。
____________________

誠実な職人の大島さん。
朴の木、欅、楢、桂、檜・・といろんな木のお話をしてくださいました。
「でも、同じ木でも育った場所や水とかで、木の香りや色や木目が違うんですよ。」と言われていました。

使ううちに木製品が変わっていく楽しみ、育てる器を作られています。
器なのだから・・・と口に入っても安心なように ”胡桃の油”を上からしみ込ませてあるそうです。

IMG_4529a.jpg   IMG_4530a.jpg  







IMG_4538a.jpgIMG_4534a.jpg







IMG_4537_1.jpgIMG_4541.jpg





まだ、あります。お楽しみにね。
愉蔵においでください。
大島さんにもお会いできます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック